ポイントチケット会報 2008年3月号 1 第5号

MEDIA CLIP

  ポイントチケット会報

『日本歯科新聞』”情報発信の時代”HP・ブログの活用③ に歯科へいこう!が紹介されました! この度、週刊『日本歯科新聞』2008年2月26日 第1547号現場発【”情報発信の時代”HP・ブログの活用③】差別化進む検索サイトに歯科へ行こう!が紹介されました。 ぜひ、ご覧ください。


『アポロニア21』4月号からの弊社の記事連載が始まります!

この度月刊『アポロニア21』(歯科医院経営総合情報誌/日本歯科新聞)の4月号より、【新連載ネットアンケートに見る患者需要/メディカル・コミュニケーションズ(株)】として連載が始まります。
第一回目は、【行きたくない歯科医院とは?】というテーマの記事が紹介されます。
ぜひ、ご覧ください。

本連載は、歯科医院に来院する人々の本音をネットアンケートによって探る企画です。
最近、インターネット上でさまざまな意思表示をする来院者が増えています。
そこで、歯科医院検索サイト「歯科へ行こう!」の会員を対象にしたアンケート結果を基に、歯科医療、歯科医院に対する人々の要望を分析することにしました。
『アポロニア21』4月号/新連載ネットアンケートに見る患者需要より一部参照



クチコミ投票ランキングTOP5

1位 ナウ歯科おのせクリニック 259
    神奈川県平塚市

2位 あきやま歯科 239
    香川県坂出市

3位 波多野歯科クリニック 232
    東京都世田谷区


4位 名古屋アリスデンタルクリニック 212
    愛知県名古屋市

5位 みなと歯科医院 181
    大阪府大阪市福島区

2008年3月17日時点


クチコミ投票数ナンバーワン!歯科医院に聞く!

”初診患者が3倍に”
インタビュー ナウ歯科おのせクリニック 院長 小野瀬様

ポイントチケット導入インタビュー vo1.1-5

『ポイントチケットへの患者さんの反応はいかがですか?』
私が感じたように、「へーーー面白い!」って反応が多いよ。それだけで、口コミ効果にもなるよね。面白い事とか、新しい事って誰かに話すしょ?
その効果もついでにあるよね。あ、会員登録が面倒だって言われたなー。 インターネットを利用しない人にも配布できるようになったらまたそれ はそれで離反率低下に繋がるしありがたいな。
『ポイントチケットを導入してみてなにか不都合はありますか?』
いまのところ、ないかな。(笑)
『ありがとうございます!これからもいろいろ面白い配布方法とかご教授 ください!私も加盟していただいた医院様のご要望にお応えできるよう!がんばります!』
≪完≫


~カスタマーサポートが行く!~

ポイントチケット配布状況はいかがですか!?

今回は、東京都世田谷区にある波多野歯科クリニックさん、加盟してから約3か月で患者さんの投票率がとてもいいので、どのように配布しているか知りたくなり早速お邪魔してきました。
まず、院内にポイントチケット配布の院内宣材が充実している事。
治療を終えた患者さんが待合室に戻ってくると、先生が今日の治療状況や次回のスケジュール等をお伝えした後に、「みなさんに受診後アンケートやおススメ投票して頂いたら、おかげさまで、全国の口コミおススメ歯科医院で3位になったんです。
よろしかったら、受付に聞いてみてください。」とおっしゃっていました。
先に簡単に説明していただいているので興味をもった患者さんが、受付にて詳細を聞く。
受付の方の説明も簡単。「携帯からアンケート答えられるのでやってみてください。」という説明で患者さんは、『携帯でできるんですね。』とそれだけでした。
全国で”おススメ歯科3位”と聞いた患者さんは、安心してお友達も紹介できるなと思いました。
その流れで”お友達ご紹介カード”と”ポイントチケット”を一緒に配布していただくとより効果的に、チケット利用が可能ではないかと思いました。
簡単なコミュニケーションをとるだけで、患者さんも先生のために投票しよう!となるのかも知れません。


カスタマーサポートからのポイントチケットの活用術

[集患・増患] ~待ちの姿勢はNG!?~

みなさん、日本全国でインタネットを利用している人がどのくらいかご存知ですか?
日本のインターネット人口は8226万6000人、全人口の6割超が利用――。
[ネットの利用動向などをまとめた「インターネット白書2007」(インプレスR&D)より]
全人口の6割の方がインターネットを利用しているという事になります。 駅看板やタウン誌なども有効かとは思うのですが、自費診療の料金やどんな事をするのか、先生はどういう方なのか、アクセスマップ等、駅看板などに掲載しきれない、そこでインターネットを利用して情報を24時間発信する。患者さんは、好きな時に必要な情報を得る事ができます。みなさんもホームページを利用して医院から全人口の6割の方に向けて情報を発信していると思います。
ただ、歯科医院と他業種のホームページ開設率比較した場合、他業種が70%を超えているのに対して、歯科医院は16.1%の開設率というデータがあります。
情報を得ようとする人に対して、情報発信する歯科さんがまだまだ少ないと言えるでしょう。
さて、沢山の歯科さんがホームページを立ち上げて情報発信する中、ただ立ち上げただけでは不十分です。他の歯科さんとの差別化をはかる必要性が出てきます。
そこで、『ポイントチケット配布中』という事をアピールしてください。 歯科へ行こう!のWEB予約も御医院さまのホームページに掲載することができます。
患者さんが、御医院ともう一つの医院とどちらに行こうか迷っていた場合、インターネットを利用して簡単なアンケートにお答えいただくだけでポイントが貯まるのであれば御医院に行くきっかけにもなります。その他にも、自費診療のキャンペーンを実施中などの告知も沢山していきましょう。
インターネットを上手に活用されている医院さまは、もう既に実施済みかとは思いますがここでも、ポイントチケットを絡めて他の医院さまとの差別化が可能です。たとえば…
ホワイトニングキャンペーン実施中。【只今、当院では春の新生活キャンペーンと致しまして、ホワイトニングキャンペーンを実施中です。
キャンペーン期間中にホワイトニングが通常価格の10%OFF!さらに、新生活を向かえるみなさまにささやかなプレゼントと致しまして、ポイントチケットを300ポイント分プレゼント致します!
また、お友達をご紹介して頂いた場合、お二人には200ポイントをプレゼントをしておりますので、ぜひお友達とキレイな歯で新たなスタートを!!】など、ホワイトニングキャンペーン&ポイントチケットを利用して確実に集患しオススメ投票をしてもらうことにより、口コミを増やす。 インターネットからくる患者さんは、口コミを必ずチェックする傾向にあるのでおススメ投票が多ければ多い程、他の医院との差別化がはかれます。





資料提供:ポイントチケット会報


BACK


  • 院長: 波多野 一
    住所: 〒154-0023 世田谷区若林4-31-9 ポライト第2ビル1F
    TEL: 03-3421-4182(ヨイハニ)
    診療時間: AM9:30~PM1:00 PM2:30~PM7:00
    休日: 水曜、日曜、祝日