歯のX線検査でX線を浴びても大丈夫?

歯科用X線は部分的なもの1枚2.5~4uSv口腔内全体のものでも1枚3.5~9.5uSvで、それほど多い被爆量とはいえません。また、検査時はX線を通さない鉛のエプロンを着用して頂きますので安心です。


人工放射線 実効線量
(ミリシーベルト)
自然放射線
10 ・ブラジル・ガラバリの放射線
(年間)10
・胸部X線コンピューター断層撮影検査
(CTスキャン)
(一回、日本) 6.9
6.9
2.4 ・一人あたりの自然放射線
(年間、世界平均) 2.4
【宇宙から0.38、
大地から0.48、
食物から0.24、
空気中のラドンなどから】
・一般公衆の線量限度
(年間) 1.0
【医療被ばくは除く】
1.0
・胃のX線集団検診(一回) 0.6 0.6
・原子力緊急事態となるケース
(一時間あたり) 0.5
【事業所境界で検出した場合】
0.5
0.4 ・国内の自然放射線の差(年間) 0.4
【県別平均値の差の最大】
岐阜←神奈川
0.19 ・東京・ニューヨーク航空機旅行(往復)
【高度による宇宙線の増加】 0.19
・胸のX線集団検診(一回) 0.05
・軽水型原子力発電所周辺の
線量目標値(年間) 0.05
【実績は0.001ミリシーベルト以下】
・異常が発生し、原子力事業者が通報しなければならないレベル(一時間あたり) 0.05
【事業所境界で検出した場合】
0.05
0.001以下 ・歯科用X線(部分)一枚
0.00025~0.0004
・歯科用X線(口腔内全体)一枚
0.00035~0.00095


BACK


  • 院長: 波多野 一
    住所: 〒154-0023 世田谷区若林4-31-9 ポライト第2ビル1F
    TEL: 03-3421-4182(ヨイハニ)
    診療時間: AM9:30~PM1:00 PM2:30~PM7:00
    休日: 水曜、日曜、祝日